投資家たちが意図的に資金を流し込んで特定の株価を操作することにより、株式市場の流れを作って確実な利益を得られるように仕組まれた株のことを「仕手株」と呼びます。このことについて一般の方にも分かりやすく解説いたします。

投資家のイラスト

仕手株と一棟マンションとビザについて

仕手株とは、巨額の資金をもったひとつの集団が、株価を思い通りに操って、自分たちに都合のよいように利益を出す株の銘柄の総称のことです。

仕手株は、株価を吊り上げるために、一つの銘柄の株を買い占めます。
買占めをすると需要と供給のバランスが崩れて、株価が急上昇します。
株価が上昇すると、投資化も増えて更に株価が急騰します。
上がったところで、仕手筋と呼ばれる集団が株価の天井付近で空売りを仕掛けます。
元に戻ったとこで、下落分全てを利益として享受します。

仕手株の主な特徴として、1株が100円以下で過去に急激な暴騰と暴落を経験していて、赤字続きで業績改善なくても、突然出来高が異常に大きくなります。

投資の中には、一棟マンション投資があります。
一棟マンション投資は、高利回り、インフレ対策、節税効果、生命保険効果、年金対策、相続税対策などのメリットがあります。

一棟マンションを買った場合は、丸ごとマンションを所有しますから、例え空室が出ても全く家賃収入がなくなることはないです。
区分所有だと空室が出ると家賃収入も無くなりますが、管理費や積立金の負担だけは残ります。
もし、ローン返済などがあると、大きなマイナスになります。

ビザとは査証と呼ばれるもので、国家が自国民意外に対して、人物の所持している旅券が有効で、入国しても問題がないと示す証書のことです。
多くの国では入国を保証するものではなくて、入国許可申請に必要な書類の一部となっています。

多くの国がビザ申請の制度を運用していますが、一定の条件内でビザ免除が行われることもあります。
ビザの目的は、入国しようとする外国人が入国するのに、ふさわしいかを事前判断する身元審査です。
犯罪歴があったり、身元審査で不適格と判断されると発行がされず、原則として入国の許可が出ません。