投資家たちが意図的に資金を流し込んで特定の株価を操作することにより、株式市場の流れを作って確実な利益を得られるように仕組まれた株のことを「仕手株」と呼びます。このことについて一般の方にも分かりやすく解説いたします。

投資家のイラスト

口座開設して投資時ヒオキは仕手株化しないかと思ったら

株式投資をするにはまず証券会社の口座開設をする必要があり、口座開設には必要書類の提出をすることになります。
必要書類の準備も整い、あとは必要書類を送付して口座を開設し取引を始めるという段階になった時に仕手株という存在を耳にして投資をしようとしている銘柄が仕手株になったりしないだろうかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。

仕手株というのは企業としてほとんど価値の無い銘柄が人為的に高値に釣り上げられるもので、釣り上げている本尊は安値で株を仕込んでいるのでそれを高値でさらなる上昇を期待する投資家に売りつけ利益を確定することになります。
本尊が抜けた後の仕手株は元々価値が無いだけに、後は下落する一方で高値で掴んだ人たちは軒並み大きな損失を出してしまうことになります。

そのため、ヒオキなどに投資をしようと考えている人はヒオキが仕手株になるのではないかと心配するかもしれませんが、これはあまり心配をしなくても良いでしょう。
その理由としてはヒオキは比較的業績もしっかりとしていて、配当もあり一定の注目を集めている企業であるためです。
企業としての規模はそれほど大きなものではありませんが、投資対象として注目をしている人の数も少なく価値の無い銘柄というものではありません。
仕手株として選ばれやすいのは業績がしっかりしている企業よりも、業績や将来性に問題があり市場から注目を集めにくいものが選ばれやすいため、ヒオキのように一定数の人が注目している銘柄は密かに株を買い集めるのも難しいので仕手株の対象とはなりにくいものとなってます。
投資をする時にはしっかりと企業としての価値もよく確認をして、投資を行うようにしましょう。