投資家たちが意図的に資金を流し込んで特定の株価を操作することにより、株式市場の流れを作って確実な利益を得られるように仕組まれた株のことを「仕手株」と呼びます。このことについて一般の方にも分かりやすく解説いたします。

投資家のイラスト

東レの様な優良な投資先は仕手株に狙われやすい

仕手株として狙われる銘柄の多くは、非常に有名で且つ優良株と言われる銘柄が多いものです。優良株は投資先としては一見安心と思われるものですが、それだけに投資しやすいという面があり、大規模投資に関してもあまり市場から違和感が持たれないため、仕手株として利用されることも非常に多いのです。
仕手株の方法としては、日中の取引が行われている時間帯に大量に買い付けて市場における株価を高騰させ、一般投資家が其の値上がりを見て買い始め株価が高騰した段階で、夜間取引等一般投資家が売買できない時間帯に大量に売ることで大きな利益を得、また株価を暴落させるといったやり方が一般的です。一夜明けると最初の取引で株価が暴落してしまうので、一般投資家がそれらの株をあきらめて売り始めるため、仕手株を仕込んだ投資家は株価が下落した段階で株を大量に買い戻せる、といった二重の旨みも有ります。
東レの様に市場規模が大きく、また多角的に事業を行っている企業の株は株価の変動がそれぞれの事業の動向により大きく変動するため、仕手株を仕込む際の投資先としては非常に狙われやすいものです。大量に買い付けて東レの株価が変動しても投資家は余り不思議には思わないからです。東レグループのどこかの事業が成功した、或いは失敗したという認識で株価の変動を見ていること、また事業規模が大きく資本力が大きい為多少の変動では会社はびくともしないという安心感から優良投資先という安心感も有り、取引を安心して続けている投資家も少なくありません。その為、仕手株としては一般投資家に気づかれずに仕込むことができるということになるのです。
仕手株による損害を防ぐ為には、東レの様な優良な投資先の値動きにこそ細心の注意を払い、不審な値動きをいち早く察知することが大切です。