投資家たちが意図的に資金を流し込んで特定の株価を操作することにより、株式市場の流れを作って確実な利益を得られるように仕組まれた株のことを「仕手株」と呼びます。このことについて一般の方にも分かりやすく解説いたします。

投資家のイラスト

仕手株や新株予約権とSMBC予想とは何か

株の投資を始めて行うという、株取引初心者が手を出さないほうがいいとされているのが仕手株です。仕手株とは仕手筋と呼ばれる株価を操作するため特定の銘柄に過度な投資を行なう個人株主によって、明らかに異常なほど株価が吊り上げられた株式銘柄のことを指します。通常であれば需要と供給のバランスで付けられるはずの株価が急上昇するため、株取引の初心者は株価を通所より圧倒的に高い段階で株を購入してしまう可能性があるため、初心者向けの銘柄とは言えないのです。仕手株のターゲットは1株の株価が100円未満の、購入が比較的容易な株に向けられることが多いので、この点を記憶しておくといいでしょう。
次に新株予約権ですが、新株予約権は株式会社に新株を発行させる、または企業の自己株式を移転させる権利のことを指します。分かりやすく言うなら株式を特定の価格で購入できるコール・オプションという権利が、株取引の場で発生することだと言えるでしょう。新株予約権が発生するときとしては、新株予約権の発行時や取得対価が当該会社の新株予約権である時などが挙げられます。株式や社債とは別個独立に発行が可能というメリットがある、金融商品購入方法なのだと捉えておいてください。
最後にSMBC予想とは何かと言いますと、SMBC日興証券による株式を初めとした金融商品の値動き予想や、景気予想のことになっています。SMBC予想を参考に株の購入時期や売却時期を決めることはもちろん、投資信託への加入時期の見極めなどが行なえるようになります。ですがSMBC予想を参考に投資を行い、資産が減ってしまったとしてもSMBC日興証券には一切の責任が無いため、投資は原則として自己責任で行なう必要があると言えるでしょう。